EV用 セル / モジュール / パック

セル High energy cell

セル High energy cell

優れた放熱性と高いエネルギー密度を実現

正極と負極を積層し、ラミネートでパックしたAESCのEV用セルは、261mm×216mmのシート形状で、コンパクトながら大きな容量を持っています。
また、表面積の広いラミネート構造による放熱性の良さも特徴の一つです。

General specifications

タイプ
高容量タイプ
定格容量*
56,3Ah
公称電圧*
3.65 V
外形寸法
長さ
261mm
216mm
厚さ
7.91mm
質量
914g
エネルギー密度
460Wh/ℓ
224Wh/kg

用語の定義はIEC62660-1による

Cell performanceExample of discharge profiles (25°C, BOL)

ページのトップへ戻る

Modules:High energy modules

Modules:High energy modules

車両への搭載効率を高めるコンパクトな形状

EV用モジュールは、8枚のセルを接続し、金属製のケースに収めたものです。ケースは、振動などからセルを守る役割を担うと共に、そのシンプルかつコンパクトな形状によって、パックの設計の柔軟度を高めています。

General specifications

セル数
8
構造
2並2直×2ユニット
外形寸法
長さ
300mm(端子部or突起部を除く)
222mm
高さ
68mm
質量
8.7 kg

ページのトップへ戻る

パック:High energy battery pack

パック:High energy battery pack

車両に応じた設計が可能

パックは、複数のモジュールとセンサーやコントローラなどを接続し、各車種専用のケースに入れたものです。
日産リーフ用、パックは92枚のセルを搭載しています。
AESCのモジュールは、縦置きでも平積みでも搭載することができ、車両の床下形状に合わせたパック形状とすることができます。
新型リーフ(2017年発売)に搭載している電池パックは、一般家庭3日分相当の電力を蓄えることができます。

ページのトップへ戻る

EV用パックの回路模式図

Composition

パック内ではBMS(バッテリーマネージメントシステム)によって、常時、電圧や温度などを監視しています。それらのデータを、車両側コントロール・ユニット送ることで、バッテリーを適正な状態に保つことが可能となっています。

おすすめコンテンツ

  • 私たちがめざす、豊かなエコライフ - AESCのビジョン -
  • リチウムイオン電池とは? - これからのスタンダード -
  • AESCの技術